競馬で勝つための条件は事前に決めた予算を超える投資をしないことです。

MENU

競馬の予算

 

競馬は最低100円から手軽に始められて、1レースにかけられる予算の上限はありません。
1つのマークシートは75万円までしか買えませんが、同じ買い目を続けて買うことも可能ですし、ネット投票では簡単に数百万円や数千万円の金額で馬券を購入できます。
つまり競馬は数百円の小銭から手軽に楽しめますし、大富豪の遊びや人生をかけた大勝負まで可能です。

 

予算に応じて適度に楽しんだり、身の丈にあった投資をするのが基本ですが、実際に競馬で儲かっている人はどのくらいの予算を持っているのか気になりますよね?

 

また、競馬情報会社を利用する時は少ない予算で始めて失敗する人が目立ちます。競馬の予算についての考え方をまとめました。

 

平均予算

 

馬券は個人情報不要で買うことができて、1レースに複数枚分けて馬券を買う人も多いです。
JRAなどの公式情報では平均予算や平均購入金額に関する公表値はありません。
口コミやネット上のアンケートを見ると、1レースに費やす予算の上限は1万円以内、1日で使う総額は多くて2~3万円以内で中にはG1だけで2~3万円買う人もいます。

 

平均予算はサラリーマンが趣味で負けても許せる範囲の金額です。
1日1~3万円くらいが平均的な所得の人の、負けても耐えられる上限金額だと言えます。

 

競馬情報会社を利用する予算

 

利用する競馬情報会社にもよりますが、回収率100%以上の無料情報を用意していたとして、最低5~10万円ほどの軍資金を用意しないといけません。
無料情報で提供される買い目の推奨購入金額は1~2万円になっていることが多いです。
条件戦であっても1万円以上買う指示が出るので、世間の平均予算よりも大きな金額で勝負しています。

 

競馬情報会社はプロによる精度の高い予想をしていますが、百発百中ではありません。
優良サイトの無料情報では的中率50%以下だけど当たればまぁまぁ回収できるところが多いように感じます。

 

1レースの馬券購入費用が1万円だった場合、最初に買った時に当たって数倍の払戻があれば、安定した運用をして軌道に乗せられることもあります。
ギャンブルとして勝負するのであればいいですが、投資として手堅く利益を出したいのであれば、ある程度は負けが続いても耐えられる予算を用意しておかないといけません。

 

1回の予想で競馬情報会社に見切りをつけて、最初に買った時に的中する競馬情報会社を使う人と、事前に入念な調査と検証をして選んだ業者で連敗しても辛抱強く投資をできる人のどちらが成功するか考えれば分かり易いでしょう。

 

競馬にかける予算

たまに、情報料3万円、馬券購入費用2万円の中で5万円の予算で始めようとする人がいます。
1週の予算で考えればそれでいいですが、1回不的中になっただけで立ち直れないほどのダメージを受けてしまいます。
的中率を算出し、そこから運悪く連敗することも想定して予算を組んでおくことが大切です。
資産が増えていったら複利運用で利益が出ている範囲内で少しずつ1日に投資する予算を増やしていきましょう。

 

競馬は予算を増やすほど難しい

 

競馬予想において、お金を使わずにシミュレーション予想すると回収率100%を大きく超えるのに、馬券を買い始めたら負けてしまう人がよくいます。
これは運が悪いだけではなく必然的なことです。
1点100円で1レース1,000円以内で勝負するのと、1点1,000円、1レース1万円の予算で勝負する場合で見ても、金額が大きい方が負ける人の割合が高くなります。
例外として、すでにその日の前半レースで負けていて、後半に少額予算で馬券を買う場合も勝率が下がります。

 

競馬に限ったことではなく投資は全て運用するお金が増えると冷静な判断ができなくなるものです。
競馬で大損する人は熱くなって当初の予算以上の博打をして失敗します。
事前に決めた予算を超える投資をしないことが競馬で勝つ条件です。
どれだけ良い競馬情報会社を使っても、感情に流されて馬券購入予算を変えていたら儲かりません。

 

当たる馬券の買い方とは?