データ予想は“穴馬を発掘するための重要なツール”であると言えます。

MENU

JRA-VAN

日本中央競馬会が公式に提供する競馬ツールであるJRA-VAN
日本に存在する競馬ツールの中で間違いなく最強です。

 

JRAの公式データが20年分以上網羅されていて、データ予想を行う上で必需品となります。

 

  • 仕様が非常に親切で、欲しい情報を簡単に調べることが出来ます。
  • そしてとにかく利用料が安い。月額864円は破格の安さと言えるでしょう。
  • データを調べるだけではなく、オッズの確認や馬券の購入機能があり、

    更に全レース映像を見ることもできます。

 

以上のように、大変便利なツールとなっています。

 

競馬の予想を行う上で、データを用いることは有効な手段の一つです。
そのため、データを簡単に調べることができる機能は予想を行う上で大変便利です。

 

 

競馬は、同じことがよく起こるスポーツです。

例えば、前年の同じレースで好走していた馬が、その年の成績に関わらずリピーターとなってもう一度好走することも少なくありません。
その年に一度も勝っておらず、成績的に不振であり、上位に来るというイメージが全く浮かばなければ、その馬の馬券を買うことはできないでしょう。

 

しかし、前年に好走した実績をデータとして入手することができれば、その馬の馬券を買うことができます。

 

このような場合、その馬は人気がほとんどない穴馬となっていることが多く、
高配当を演出することも多いです。

 

つまり、データ予想は“穴馬を発掘するための重要なツール”であると言えるのです。

 

競馬の予想には様々なアプローチの仕方がありますが基本的に近走成績をもとに予想を行います。
そのため、馬券の人気の構造として、近走成績の良い馬が人気になるという構図が基本的です。

 

裏を返せば、近走の成績が振るわない馬の中から、今回好走する馬を見つけることが、高配当の馬券を的中させる方法と言えます。

 

近走の成績の良し悪しが直接的に結果につながるわけではないのです。

 

成績の良い馬は当然人気になるので、配当的な妙味が薄れ、それは言い換えると馬券的なリスクを高めていることと同義です。

 

他者と異なる馬券の買い方を行うことが、高配当の馬券を的中させることにつながります。その上でデータが有効な手段であると言えます。